ここから本文です

デノン、初のイネーブルドスピーカーを発売――デザインぴったりのスピーカーシリーズも

ITmedia LifeStyle 10/3(月) 22:17配信

 デノンは、同社初となるDolby Atmos(ドルビーアトモス)のイネーブルドスピーカー「SC-EN10」を発表した。10月中旬に発売するホームシアター向けスピーカー「37シリーズ」および「17シリーズ」と組み合わせ、オブジェクトオーディオ導入のハードルを引き下げる考えだ。

「17シリーズ」。フロントスピーカー「SC-T17」にぴったり

 イネーブルドスピーカーは、斜め上方向に向けたスピーカーユニット。フロントあるいはサラウンドスピーカーの上に載せ、音を天井に反射させることでリスナーの耳に上方からの音を届ける仕組みだ。天井スピーカーが取り付けられない環境でもドルビーアトモスやDTS:Xが楽しめる。

 「SC-EN10」と“ぴったり”のスリムデザインになっているのが、同社製ホームシアタースピーカーとしてはエントリーモデルにあたる「17シリーズ」だ。フロント用のトールボーイ型スピーカー「SC-T17」は、200(幅)×220(奥行き)×920(高さ)mmとスリムなデザイン。上にSC-EN10を載せるとほぼ一体化する。また、ミッドレンジの「37シリーズ」はSC-EN10よりも大きいが、ピアノブラック仕上げのほかに天然木突き板セミグロス仕上げ(半光沢)でも統一できるメリットがある。

 なお、両シリーズともフロントとセンサー、リア用のブックシェルフ型はハイレゾ再生をサポートしている。

37シリーズ

17シリーズ

最終更新:10/3(月) 22:17

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]