ここから本文です

川谷“不祥事”でゲス乙女&indigo、活動自粛…未成年ほのかりんとの飲酒報道

デイリースポーツ 10/3(月) 21:32配信

 川谷絵音(27)がボーカルを務めるロックバンド「ゲスの極み乙女。」「indigo la End」の所属事務所が3日、報道各社にFAXを送り、両バンドがすでに発表している公演終了後、当面の間、活動を自粛することを発表した。双方の公式HPでも発表された。

【写真】ベッキーは髪を切って“裸一貫”で再スタート

 所属事務所は、川谷が未成年者であるタレント・ほのかりん(19)と飲酒をしていたことが9月29日発売の「週刊文春」に報じられたことを「事実」と認め、川谷、両バンドメンバー、スタッフを交えて協議した結果、事態を重く見て決めたことを説明した。

 indigoは今月12日の東京・リキッドルーム公演をもって、ゲス乙女。は12月3日Zepp Tokyoのライブをもって活動を休止するとみられる。

 川谷は書面で「この度、わたくし、川谷絵音が未成年者と飲酒を共にしたという事実が報道されました。僕の軽率な行動により、ファンの皆様を失望させてしまった事、活動を共にしているバンドメンバーや関係者の皆様に多大なご迷惑をお掛け致しました事を深くお詫び申し上げます。」と謝罪。

 「この事実を深く反省し、indigo la End、ゲスの極み乙女。両バンドとも現在ご案内済みの公演を終えた後、当面の間活動を自粛させて頂く事に致しました」と説明し、「indigo la End、ゲスの極み乙女。の音楽を楽しみに待ってくれているファンの皆様には本当に申し訳ない気持ちで一杯です。心よりお詫び申し上げます」とつづった。

 9月29日発売の「週刊文春」では、杉並区の川谷のマンションにほのかりんが住んでおり、半同棲状態にあると報道。川谷とほのかりんの双方事務所は、交際を認めている。

 ほのかりんは報道を受け、出演予定だった13日開幕の舞台を降板、レギュラーを務めるNHK Eテレ「Rの法則」も出演を見合わせている。

最終更新:10/3(月) 23:34

デイリースポーツ