ここから本文です

【GOLF】米国チームがカップ奪還! 母国で4大会ぶりV飾る

ISM 10/3(月) 8:34配信

 2年に1度、アメリカとヨーロッパが名誉と威信をかけて激突するライダーカップが現地時間2日、ミネソタ州ヘーゼルティン・ナショナルGCで最終日の競技を終了。3ポイントリードでこの日を迎えた米国チームがシングルス12マッチの末に17.0対11.0と欧州チームを突き放し、2008年以来となる大会制覇を果たした。

 2012年大会では最終日に4ポイント差をひっくり返されたが、同大会でも主将を務めたデービス・ラブIII率いるチームは同じ轍を踏まなかった。最後のキャプテンピックでチーム入りしたライアン・ムーアがリー・ウェストウッド(英)相手に上がり3ホール連取での劇的な逆転勝利を収めた瞬間、米国チームは勝負を決める15ポイント目を獲得。最終的に7勝4敗1分けと勝ち越し、母国で悲願のカップ奪還を遂げた。

 あと5ポイントを獲得すれば勝利(3日間合計で14.5ポイントを獲得したチームが優勝)という状況で最終日に入った米国チーム。逃げ切りを目指したこの日は、マッチ2でジョーダン・スピースがヘンリック・ステンソン(スウェーデン)に3&2で敗れるなど、序盤の4マッチを終えて1勝3敗と苦しい流れとなり、一時は10.5対9.5と1ポイント差まで迫られた。

 その中で大きな注目を集めたパトリック・リードvsローリー・マキロイ(北アイルランド)のマッチ1は、3番で先手を取られたリードが5番パー4で1オンからイーグル奪取でタイに戻し、そこからバーディ応酬の見応えある展開。オールスクエアの折り返し後は、リードが16番までに2ホールを奪い、アプローチをミスした17番こそ落としたものの1アップで接戦を制した。

 すると、米国チームはリッキー・ファウラーがジャスティン・ローズ(英)を1アップで退けて逆襲開始。ブルックス・ケプカ、ブラント・スネデカーの勝利に加え、フィル・ミケルソンとセルヒオ・ガルシア(スペイン)の一戦は、ミケルソンが18ホールで10バーディを奪うなど互いに好プレーを連発する激闘の末に引き分けとなり、4試合を残して14.0対11.0と勝利に王手をかける。

 勝負を決したムーアvsウェストウッドは、15番を終えて2ダウンの劣勢からムーアが上がり3ホールを連取。16番からイーグル、バーディでオールスクエアに持ち込むと、ウェストウッドのボギーに対して18番パーセーブで米国の勝利を決めた。残る3試合ではダスティン・ジョンソン、ザック・ジョンソンがそれぞれ1ポイントをもたらし、最終的に6ポイント差の快勝で4連覇を目指した欧州チームを退けている。

最終更新:10/3(月) 11:15

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。