ここから本文です

「ムーヴキャンバス」っていったいどんなクルマ!?「ダイハツ MOVE canbus」試乗レポート

オートックワン 10/3(月) 13:10配信

「ムーヴキャンバス」っていったいどんなクルマ!? 教えて! 竹岡センセ!

ダイハツがまた新たなジャンルの軽ワゴン「ムーヴキャンバス」を発表した。

メーカー自ら“デザイン性と機能性を両立した新感覚のスタイルワゴン”と宣言する、女性をターゲットにしたニューモデルだ。ん、これっていったいどういうクルマなの!? その疑問に、モータージャーナリストの竹岡圭さんがズバリ!お答えします!

[画像100枚超!]ダイハツ ムーヴキャンバス フォトギャラリー

平日は母、休日は(おひとりさまの)お嬢様が・・・

日常はパパ&ママが、休日はお嬢様が・・・。

とは言っても、この場合のお嬢様は30~40代・・・というような、ご家庭が世の中増えているんですって。晩婚化が進み、親との同居比率がupしているいま。いわゆるそんなオトナ世帯が増えているんだそうです。

そういえば、2015年の東京モーターショーにもそんな使い方をコンセプトにしたクルマがありましたねぇ~。「HINATA」というモデル。

さすがに「ムーヴキャンバス」はコンセプトカーではないので、HINATAのように左右観音開きではないし、シートもクルリと回して向かい合わせとか、反転ベンチシートとはいかなかったけれど、母と娘というコンセプトはしっかり受け継がれているじゃありませんか!

観音開きも、これをもしBピラーレスでやればそれに近く・・・ってそれじゃぁ、「タント」じゃん!(笑)。

そうなんです。何を隠そうムーヴキャンバスは、タントのパッケージングと、「ムーヴ」の基本性能と、「ミラココア」のオシャレさをミックスしたモデルになっているんですよ。

平日は母がお買い物、休日は娘がお出かけ&たまにはロングドライブという使い方を、ターゲットに思い描いて作られているんですよね。

ありそでなかった・・・「ムーヴより背が高くタントより背が低くてスライドドア」

確かにね、子供が室内で着替える室内高の高さは、小さい子供がいなければ必要ないし、逆にガレージ風に使うからもっと背の高いのが欲しいという方は、「ウェイク」を選べばイイ。ムーヴより背が高くタントより背が低くてスライドドアというクルマ、ありそうでなかったんですよね。

ムーヴクラスとしては、ダイハツ初のスライドドアなんだそうです。確かにこのクラスだと…、かつて全高1550mm以下に抑えたセミトールワゴンクラスで、三菱の「eKワゴン」がスライドドアをやっていた時代がありましたよね(初代/2代目:2001年~2006年/2006年~2013年)。あれは全高を抑えるためにインナースライドドア方式を採用したので、開口幅があまり取れなかったのがやや残念ポイントと言われましたが、後部座席にアクセスするのがラクでね・・・。

ムーヴキャンバスはアウトスライドレールドアだから、開口部も広く取れて問題ナシだし~。

ってそう!ここでの注目してもらいたいのは、開口幅ではなくアクセスがラクということなんです!

1/4ページ

最終更新:10/3(月) 13:10

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。