ここから本文です

新型「NSX」が荒野に描いたものとは? 日米合同プロジェクトによるウェブ動画を公開 ホンダ

乗りものニュース 10/3(月) 10:00配信

荒野を走る新型「NSX」が描いた、巨大な「あの軌跡」

 2016年10月3日(月)、ホンダは新型「NSX」をフィーチャーしたウェブ動画「Honda NSX - DRIVING DRAWING」を公開しました。これは同年10月9日(日)に開催される「2016 F1日本グランプリ」を前に、クルマに対しての興味、関心を集める一環であるとともに、ホンダの先進性と技術力のアピールが目的といいます。

【動画】荒野を縦横無尽に疾走する新型「NSX」

 動画の内容は、2016年8月に発表された新型「NSX」が、アメリカのロサンゼルス郊外にある巨大な乾燥湖「エル・ミラージュ・ドライレイク」の干上がった湖底に、全長1kmにもおよぶ巨大なひと筆書きを描いていくというもの。

 キャンバスである乾燥湖は、目印になるようなものがなにもない広大な荒野。「NSX」を走らせるドライバーは、装着したヘッドマウントディスプレイに浮かぶ、高精度GPSを駆使して導き出された指示だけを頼りに、これに忠実にハンドルを切っていきます。やがてその走行経路から浮かび上がってきたものは、古代人によって描かれた、あまりにも有名な「あの軌跡」でした。

 ホンダは、動画にあるような正確な「軌跡」を描けたのは、「NSX」に搭載された最新技術「SPORT HYBRID SH-AWD(super Handling All-Wheel Drive)」で実現した操縦性によるものだといいます。

 なお、「NSX」の開発責任者テッド・クラウス氏が「SPORT HYBRID SH-AWD」を解説するインタビュー動画も、あわせて公開中です。

乗りものニュース編集部

最終更新:10/4(火) 12:37

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。