ここから本文です

イッセイ ミヤケ・パリコレ“10分間“のビッグバン【フォトギャラリー】

SENSORS 10/3(月) 15:30配信

イッセイ ミヤケが素材にソニーのFashion Entertainmentsと開発した電子ペーパーを使用した「EB」(Electronic Bag)を発表し、ファッションとテクノロジーの融合が加速するのではないかとの考察を伝えるパリコレ速報をお届けしたが、そもそもショー全体はどのような構成で進んだのか?当記事では写真を中心にイッセイ ミヤケの2017年春夏コレクションについて紹介する。

イラストレーター兼プログラマーが「留学」で得た職業とは?

デザイナー宮前義之を中心に「microcosm(ミクロコズム)」をテーマにショーを行ったイッセイ ミヤケの2017年春夏コレクション。約10分間のショーでは服とモデルを中心に、音楽、光、ステージオブジェが共鳴して「服を着ることは楽しいこと、心躍ることである」と力強く訴えかけてくる。この魅力は音楽や演劇などのステージとはまた一味ちがうものである。一種の魔法に掛かるような10分間に虜になる方が多いのだろう、ショーがはじまる前から会場前は熱気に包まれていた。

会場が徐々に暗くなりライブミュージック「Open Reel Ensemble+sebuhiroko」が演奏をはじめる。

Open Reel Ensembleは既に10回ほどイッセイ ミヤケのショーの音楽を担当しているが今回は竹の弓を使った“磁楽弓“を活用しこれから始まるショーを最大に盛り上げていく。

照明が徐々に明るくなる中で幾何学にカットされたピースを熱で貼り合わせる新素材“Cut & Stick“のドレスをまとったモデルが会場を颯爽と歩き回る。

通常のランウェイとは違い、幾何学のオブジェが置かれた空間を歩き回るので、服の幾何学と空間の幾何学のコンビネーションが楽しめた。

電子ペーパーを使用した「EB」(Electronic Bag)はモデルの動きにあわせてバッグそのものの表情を変える。

会場からも「あ、柄が変わった」というバッグの柄が自動で変わることを発見し声を上げる方もいた。

1/3ページ

最終更新:10/3(月) 15:30

SENSORS