ここから本文です

ベルディヒがガスケを破り、約1年ぶりの優勝 [シンセン/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/3(月) 11:00配信

 中国・シンセンで開催された「シンセン・オープン」(ATP250/9月26日~10月2日/賞金総額64万1305ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、前年覇者で第1シードのトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が第3シードのリシャール・ガスケ(フランス)を7-6(5) 6-7(2) 6-3で下して優勝した。

西岡良仁は1回戦でラッキールーザーのファビアーノにフルセットで敗退 [シンセン・オープン]

 これはベルディヒにとって、約1年前のストックホルム・オープン(10月)以来のツアー・タイトルでもある。

 ベルディヒは第1セットの第1ゲームでサービスゲームを落としたが、そこから奮起して追いつくとタイブレークに持ち込み、最初のセットポイントをものしてセットを先取した。

 一方のガスケは第2セットでベルディヒの2つのマッチポイントを跳ね返し、自らがつかんだ最初のセットポイントをものにしてセットオールに持ち込んだ。

 しかしベルディヒは第3セットの第6ゲームでブレークを果たして4-2とリードすると、そのあと揺らぐことはなかった。

 シーズン末の男子トップ8のみが出場できる「ATPツアー・ファイナル」の出場権を得るためのレースで現在9位につけているベルディヒは、この勝利で8位のラファエル・ナダル(スペイン)にプレッシャーをかけることになった。

 全米オープンは虫垂炎のため出場を断念していたベルディヒだが、「5週間前、僕は病院に入院していたというのに、今の僕はトロフィーを手にここに座っている」と感慨深げに話した。「事はあっという間に変わる。幸運なことに、今はすべてがいい方向に向かっているよ」。(C)AP(テニスマガジン)

Photo: TORONTO, ON - JULY 26: Tomas Berdych of Czech Republic plays a shot against Borna Coric of Croatia during Day 2 of the Rogers Cup at the Aviva Centre on July 26, 2016 in Toronto, Ontario, Canada. (Photo by Vaughn Ridley/Getty Images)

最終更新:10/3(月) 11:00

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]