ここから本文です

JUJUがカラオケで歌う、意外な曲とは?

TOKYO FM+ 10/3(月) 11:00配信

9月21日に、ニューシングル「六本木心中/ラヴ・イズ・オーヴァー」をリリースし、10月10日にライブ「-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU」を開催する、JUJUさんがTOKYO FMの番組に生出演。
プライベートで行くという、スナックについて語りました。


──10月10日「-ジュジュ苑スペシャル- スナックJUJU」開催!


日本記念日協会に「わたしJUJUって言うんですけど、10月10日を”JUJUの日”に認定していただけませんか?」とお願いしてみたら、「いっすよ」みたいな感じで、意外とあっさり認定されました(笑)。
私、そもそもスナックが大好きで、一番最初に歌を歌ったのがスナックのカラオケで”あ、歌って楽しいな”って初めて思えて。その頃に聴いていた昭和歌謡がすごく好きだったので、”大人の世界だな~、大人って楽しそうだな”って子供ながらに思っていて。

カヴァーアルバムっていうのをリクエストシリーズでやらせていただいてて、前作から時間が経ってて、次に作るとしたら、”絶対に昭和歌謡に特化したリクエストシリーズにしよう!”と思って。
10月10日、毎年、何にしようかとみんなで悩むんですよ。
「今年の10月10日は、代々木体育館を巨大スナックにして、私は巨大スナックのママになろう!」っていうのを、みんなで思いつきまして「スナックJUJU」になりました(笑)。
今回のスナックアルバムっていうのは、全国のスナックのママに「もし、JUJUがおたくのスナックに来たら何を歌わせたいですか?」っていうリクエストをとって。だから、今回のスナックアルバム「夜のRequest」ってついてるんです。今回の「スナックJUJU」に関しても、ママたちからのリクエストで構成されていますね。


──カヴァーシングル「六本木心中/ラヴ・イズ・オーヴァー」


子供の頃にテレビを観ていて、昔って歌番組が多かったじゃないですか? その中でも、ものすごくインパクトが強くて、衝撃的だったお二方で。
アン・ルイスさんはロックな感じがカッコいいし。欧陽菲菲さんは、ものすごい髪の毛の量と超絶スタイルの良さで、ハスキーな声で淡々と”ラブ”が”オーヴァー”しちゃった曲を歌っている姿が、”二大ものすごいインパクト曲”だったんですよね(笑)。
お二人とも大好きだったので、先行のシングルを作るならばと思って……曲調も対極にある2曲だけど、強い女性の曲な感じで、この2曲を選びました(笑)。


──JUJUさんがスナックで歌う曲


スナックに行けば自ら歌いますね。自分の曲は恥ずかしいので絶対に入れないですね(笑)。
すごい酔うと歌いたくなる曲は、中島美嘉ちゃんの「Love Addict」。歌った後の爽快感がすごいんですよ。ちょっとジャズっぽくもあるし、すごい速いし、オシャレな曲だし、歌い甲斐もすごいあるんですよ。人の曲を歌って”この曲は、こんな仕掛けがあったのか!”とか、気付きますね(笑)。

リクエストされたら、すぐ歌いますよ。「おねえちゃん! いい感じだからこれ歌ってよ!」とか言われたら、「わかりましたー!」って(笑)。
私、好きなスナックがあって、そこはファッション業界の人と行くんですけど、お店がUの字になってて。半分はファッション業界なんですけど、半分は地元のおじさんとかだったりして。
地元のおじさんは私のこと気付かないんで、「お姉ちゃん! あれだね! JUJUみたいに上手いんじゃないの!? JUJUみたいなの歌ってみてよした!」って言われて、自分の曲を歌うと「本人より上手いんじゃないの!?」って言われるんですよ(笑)。

最終更新:10/3(月) 11:26

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]