ここから本文です

「スバル レヴォーグ」スポーティな内外装の特別モデルを発売

オートックワン 10/3(月) 13:32配信

水平対向エンジン50周年記念車第4弾

富士重工業は、スバル初の水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売から50周年を記念したレヴォーグを12月12日より発売する。

上級装備でよりスポーティなレヴォーグ特別モデル

これまで、XV、フォレスター、レガシィアウトバックと3車種の水平対向エンジン50周年記念車を発表したきたが、第4弾となる記念車はレヴォーグ「1.6GT アイサイト スマートエディション」だ。

「1.6GT アイサイト スマートエディション」は、「1.6GT アイサイト」をベースに、アドバンスドセイフティパッケージを標準装備。エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーを採用した。

さらに上級グレードである「1.6GT-S アイサイト」と同デザインのLEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを採用し、インテリアには運転席8ウェイパワーシートとアルミパッド付スポーツペダルを標準装備した。

「1.6GT アイサイト スマートエディション」は先進安全装備を標準装備し、よりスポーティな内外装としながらも、ベース車両「1.6GT アイサイト」の277万5600円に対し、290万5200円とお買い得価格を実現した。(消費税込)

【特別装備】
・アドバンスドセイフティパッケージ
・LED4灯ロービーム+ハロゲンハイビームランプ(ブラックベゼル)
・運転席8ウェイパワーシート
・クリアビューパック
・専用17インチアルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)
・ブラックカラードドアミラー
・メッキ加飾付フロントグリル(ダークメッキ加飾+ブラック塗装)
・アルミパッド付スポーツペダル

最終更新:10/3(月) 13:32

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。