ここから本文です

「ライオンズ再興に尽力を」 辻新監督に佐賀県内期待の声

佐賀新聞 10/3(月) 10:40配信

 プロ野球埼玉西武ライオンズの新監督に辻発彦氏(57)=佐賀東高出身=が就任することが決まり、県内の関係者からは、選手として西武の黄金期を築いた辻新監督に「チーム再興に尽力して」と期待する声が上がった。

 「野球に関しては地道に努力してきた兄」。弟の裕樹さん(55)=小城市牛津町=は「努力を積み重ねた結果が実った」と喜んだ。「西武で偉大な人たちの教育を受けて育ったと思う。それを継承してくれれば」と期待を込めた。

 佐賀東高野球部で指導した崎村晨好(あきよし)さん(73)=神埼市=は「西武のユニホームにまた袖を通してくれることは最高にうれしい」と教え子の“昇進”を祝福。今季Bクラスに沈んだチームの立て直しが急務で「大変なことが山積みで苦労するだろう」と心配しつつ、「来季3位以内に入ってほしい。負けても僕は辻のファン」とエールを送った。

 西武には鬼崎裕司選手など県出身選手も在籍する。辻発彦後援会事務局の立花和幸さん(40)=佐賀市=は「佐賀県パワーで頑張ってほしい。そして、来年の日本シリーズは『辻西武』と『緒方広島』で戦って県民を盛り上げて」と話した。

最終更新:10/3(月) 10:40

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]