ここから本文です

岡谷鋼機、5期ぶり経常減益 3-8月

日刊産業新聞 10/3(月) 12:07配信

 岡谷鋼機が30日発表した2016年3―8月期連結業績によると、売上高は前年同期比12・4%減の3574億7400万円、営業利益が同32・3%減の60億300万円、経常利益が同26・5%減の83億3000万円、純利益が同29・4%減の54億8600万円。中間期での連結業績では減収が7期ぶり、営業利益と経常利益の減益は5期ぶり、純利益の減益は4期ぶり。主力の鉄鋼部門が鋼材価格の下落、為替影響を受けたことに加え、経費面では年金給付金の増額などのコストアップにより、減益となった。中間配当は前年同期比で1株当たり5円増配の85円、期末配当は前年同期と同様に1株当たり85円を予定している。

最終更新:10/3(月) 12:07

日刊産業新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革