ここから本文です

女性がスルーしている「男の細かな愛情表現」とは?

TOKYO FM+ 10/3(月) 12:00配信

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、様々な人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。
9月27日のテーマは「気づいてよ! 俺の愛情表現」でした。「料理を作っても“美味しい”の一言も言ってくれない」「私のことをどう思っているのか全然わからない」……そんな女性側の愚痴、夫婦関係の“あるある”ですよね。日本男性が苦手だと言われる「愛情表現」。今回は奥さんがいる男性に、どんな風に愛情を表現しているか聞いてきました。

「気づいてよ! 俺の愛情表現」

◆渋谷でキャッチした40代の男性
「無言の仕草で優しさを表現する。優しさって口にできないし。例えば、公園のベンチに座る時に、座る面をハンカチでササッと無言で拭くとか。砂のほこりを。あと、電車とか乗る時に“足元気を付けて!”って。僕みたいなおっさんはそんな事しかできない。本当はヤングなハッチャケたアクションをしたいんだけど、おっさんになると難しい」

◆渋谷でキャッチした28歳の男性
「たまに買って帰るコンビニのお菓子。スイーツというか。ローソンのいいやつがあるんですよ。シュークリームっぽいやつとかですね。帰り道に買っていってあげるのが大事。ダイレクトに言葉で伝えるっていうのは苦手。
(どの部分が愛情なんでしょう?)
常に意識してるってことだと思います」

◆大山でキャッチした29歳の男性
「仕事帰りに毎日100~200円くらいでも奥さんの好きなものを1個は買って帰ってあげることですね。普段、晩酌をするので。奥さん今妊娠していて一緒に呑めないので、彼女の楽しみが無いかなって。奥さんもお酒好きだから僕だけ呑んでいるのもアレだったんです。2人で楽しむ方法としてね! 前よりかは機嫌が良くなっていると思いますね(笑)。
(何かコッソリやっていることはありますか?)
まだ僕たち結婚式を挙げていないので、結婚資金を貯めています。内緒です! なんにも言ってないです。これから子どもにかかるお金とは別に貯めて、子どもが落ち着いた時にできたらいいなって考えてます! 嫁さんがハワイでやりたいって言っていたので大変です(笑)。ぜひ達成したいですね!」

◆浅草でキャッチした63歳の男性
(ちゃんと愛情表現できてますか?)
「できてないですね。そういうのないね、もう歳だもん。
(例えば、食器洗ってあげたりなんかは?)
そんなの毎日やってますよ! やらされてる(笑)。他は、送り迎え。奥さんの。全然伝わってないですね。わかんないけど」

◆大山でキャッチした33歳の男性
「家事や育児の手伝いをしていますね。奥さんが疲れていそうな時には、洗濯物などを取り込んだりしています!
(得意料理はなんですか?)
1ヵ月に一度「とり天」を作るのがルールになってますね(笑)。その時は2人で“あ~今日も美味しかったね~!”って楽しんでます!
(コッソリやるような愛情表現ではないんですね?)
そうですね。助けてあげれることをすることが愛情表現だと思いますね。じゃないと怒られちゃうので(笑)。でも、夫婦助け合っていると楽しいのでそれが一番ですかね!」

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 12:00

TOKYO FM+