ここから本文です

【映像】認知症と闘う英国有名コメディアン、特別賞受賞 息子とステージに

アフロ 10/3(月) 19:47配信

 英国を代表するコメディグループ「モンティ・パイソン」のメンバーで、先月9月に重度の認知症を患っていることが発表されたテリー・ジョーンズ氏(74)が2日、これまでの映画・テレビへの貢献が評価され「ウェールズ 英国映画テレビ芸術アカデミー 特別賞」を受賞し、表彰式に出席した。闘病の発表以来、公の場に登場するのはこの日がはじめて。

 テリー氏は前頭側頭型認知症により徐々に言語能力を失う「原発性進行性失語症」を患っており、息子のビル・ジョーンズさんと手を繋ぎステージへ上がった。顔型のトロフィーを受け取ると自らの顔と重ねるパフォーマンスを披露した。
 会場からのスタンディングオベーションにテリー氏は、「落ち着きましょう」と述べ、ビルさんが、「ありがとうございます。父にとって大きな名誉です。今難しい闘いをしていますが・・・我々は父を誇りに思います」と父に敬意を表した。

 テリー氏は英国を代表する6人組コメディグループ「モンティ・パイソン」のメンバーで、1969年に英BBCのテレビ番組「空飛ぶモンティ・パイソン」で注目を集めると一気にスターダムへ駆け上がった。俳優や映画監督としても知られる。

(イギリス、カーディフ 2日 映像:Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:10/3(月) 19:47

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。