ここから本文です

途中出場の長友、意地のクロスでチャンス演出もローマに惜敗 インテルは公式戦で2連敗

theWORLD(ザ・ワールド) 10/3(月) 5:50配信

長友、リーグ戦では開幕戦以来の出場

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは2日、セリエA第7節でローマと対戦した。インテルは、前節負傷欠場したジェイソン・ムリージョとジョアン・マリオが復帰を果たし、スターティングメンバーに。一方でローマは、今季リーグ戦で5試合に出場しているラジャ・ナインゴランがスタメンから外れた。なお、長友は今節もベンチスタート。厳しい状況が続いている。

試合はキックオフ直後の5分に早くも動く。右サイドでボールを持ったモハメド・サラーのパスからブルーノ・ペレスがインテルのペナルティエリアへ侵入。この折り返しにニアへ走り込んだエディン・ジェコが合わせ、ローマが先制に成功した。

その後、ローマはラサーなどを起点に何度かGKと1対1になる場面を作るが、サミル・ハンダノビッチの好セーブに合ってチャンスをモノにできず。一方のインテルは、クロスからいくつか決定機を作ったが、こちらもGKヴォイチェフ・シュチェスニーの好セーブに合い、ゴールネットを揺らせず。ローマが1-0で試合を折り返した。

後半に入っても一進一退の攻防を見せる両チーム。しかし、ゴールを割ることができずに時間だけが過ぎていく。

72分、インテルが同点に追いつく。マウロ・イカルディとのワンツーでゴール前へ抜け出したエベル・バネガ。ペナルティエリア内で落ち着いて相手を1人かわし、ゴールへ流し込んだ。しかし、インテルは直後の76分、ペナルティエリア右手前でローマにセットプレイを与えると、ニアにフリーで走りこんだコスタス・マノラスに頭で合わせられ、勝ち越される。

試合はこのまま終了。2-1でローマがインテルとの接戦を制した。なお、長友は62分から約30分間プレイ。クロスからチャンスを演出したが、得点には結びつかなかった。

[スターティングメンバー]
ローマ:シュチェスニー、ペレス、マノラス、ファシオ、フアン・ジェズス、デ・ロッシ、ストロートマン、サラー(→エル・シャーラウィ 70)、フロレンツィ(→ナインゴラン 90)、ペロッティ(→パレデス 79)、ジェコ、

インテル:ハンダノビッチ、アンサルディ、ミランダ、ムリージョ、サントン(→長友 62)、ジョアン・マリオ(→ニュクリ 60)、メデル、カンドレーヴァ(→ヨヴェティッチ 70)、バネガ、ペリシッチ、イカルディ

[スコア]
ローマ 2-1 インテル

[得点者]
ローマ:ジェコ(5)、マノラス(76)
インテル:バネガ(72)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/3(月) 5:57

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報