ここから本文です

バライードスの悪夢ふたたび GKテア・シュテーゲンの“大失態“などでバルセロナ、セルタに4失点

theWORLD(ザ・ワールド) 10/3(月) 5:50配信

イニエスタのメモリアルゲームで黒星

リーガ・エスパニョーラ第7節が2日に行われ、バルセロナは敵地バライードスでセルタと対戦した。

昨季、バライードスでは1-4で敗れていたバルセロナは、リベンジに燃えていたが、セルタに先取点を許してしまう。22分、GKテア・シュテーゲンからのパスを奪われるとFWイアゴ・アスパスのスルーパスに抜け出したFWピオーネ・シストが先制点を奪取。さらに31分、DFウーゴ・マージョからのロングフィードを前線で収めたFWイアゴ・アスパスがドリブルから鋭いシュートを決めて追加点を重ねた。

その3分後、MFヴァスのクロスがDFマテューに当たってオウンゴールを誘発。セルタは前半だけで3点をリードする。後半立ち上がり、ルイス・エンリケ監督はこの試合が通算600試合出場となるMFイニエスタをピッチに送り出す。するとバルセロナが猛攻を見せる。58分、CKの流れからピケがヘディングシュートを叩き込んで1点を返すと、64分はMFアンドレ・ゴメスが倒されて獲得したPKからネイマールがゴールを奪いは1点差に詰め寄る。

バルセロナに反撃の機運が高まっていた77分、GKテア・シュテーゲンがクリアを試みるも、詰めてきたMFエルナンデス頭をめがけて蹴り込む大失態を犯す。跳ね返ったボールはゴールに吸い込まれリードが2点差に広がる。終盤、右サイドのMFデニス・スアレスからのクロスにDFピケが頭で合わせて1点を返すも、反撃も及ばずバルセロナは3-4のスコアでセルタに敗れた。レアル・マドリードがエイバルと引き分けたため、首位に立つチャンスのあったバルセロナだったが、リオネル・メッシ不在の一戦で勝利を掴めず、セルタは連勝を2に伸ばしている。

[メンバー]
セルタ:セルヒオ・アルバレス、ウーゴ・マージョ、セルジ・ゴメス、カブラル、ロンカグリア、ラドヤ、ヴァス(→ホニ 83)、エルナンデス、ピオーネ・シスト、イアゴ・アスパス(→グイデッティ 83)、ボンゴンダ(→マルセロ・ディアス 62)

バルセロナ:テア・シュテーゲン、セルジ・ロベルト、ピケ、マテュー、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ(→デニス・スアレス 76)、アルダ(→アルカセル81)、アンドレ・ゴメス、ラフィーニャ(→イニエスタ 46)、スアレス、ネイマール

[スコア]
セルタ 4-3 バルセロナ

[得点者]
セルタ:ピオーネ・シスト(22)、I・アスパス(31)、オウンゴール(33)、エルナンデス(77)
バルセロナ:ピケ(58、86)、ネイマール(64)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:10/3(月) 5:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報