ここから本文です

高畑充希、“とと姉ちゃん”から一転ド派手キャバ嬢姿を公開!「ニヤッとしていただければ幸せ」

E-TALENTBANK 10/3(月) 18:12配信

20%以上の高視聴率を維持し、先週最終回を迎えたNHK朝ドラ「とと姉ちゃん」で国民的人気者となった今最もホットな女優・高畑充希。大ヒットした映画『植物図鑑』や『怒り』など話題作の出演が続く高畑が「とと姉ちゃん」の次に出演する映像作品『アズミ・ハルコは行方不明』でキャバクラ嬢を演じていることが分かった。

とと姉ちゃんと正反対の超派手な”キャバ姉ちゃん役のギャップに、すでに作品を鑑賞したマスコミからは驚きの声。文字通りの体当たりの演技や演技の幅に広さに、改めて絶賛の声が集まっている。

高畑が本作で演じる木南愛菜は、地方都市に暮らすハタチのギャル。大学を中退し地元に帰ってきたユキオ(太賀)に成人式で再会し、なんとなく遊んだりセックスしたりする中に。彼と一緒にいたいという一心で、彼が暇つぶしに始めた「行方不明の女の顔のグラフィティ拡散を一緒に始める。
 
 
【高畑充希コメント】
撮影時期は愛菜がわからなくてわからなくて、ただただがむしゃらだったので、
完走した時にちゃんと1人の人間になっていて本当にホッとしました。
愛菜に出会えて、ハルコチームに出会えて、良かったです。

(とと姉ちゃんから愛菜まで、ふり幅の拾いキャラクターを演じるにあたり)
とと姉ちゃんも愛菜も、自分自身とは相容れない部分があるキャラクターだったのでとても難しく、だからこそ余計に愛おしく。
そういうチャレンジをこれからも積み重ねていきたいな、と思いました。
あと単純に、朝ドラの直後がアズミハルコ、というのは、なんて素敵なタイミングだろう!と。
お客さんにニヤッとしていただければ幸せです。

最終更新:10/3(月) 18:12

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]