ここから本文です

【MLB】イチロー残留へ、マ軍が契約延長「今週にも行使」 球団公式サイトが伝える

Full-Count 10/3(月) 11:03配信

最終戦でメジャー通算2500試合出場、代打で3030本目のヒット

 マーリンズのイチロー外野手は2日(日本時間3日)、敵地でのナショナルズ戦で5回に代打で出場し、メジャー歴代単独56位となる通算2500試合出場を記録した(MLB公式サイト参照)。右前打を放ち、メジャー通算3030安打。歴代23位のロッド・カルー(3053本)まで23本に迫った。チームは7-10で敗れ、借金2でシーズンを終了。球団公式サイトは、マーリンズが保持するイチローの来季契約更新の権利を「今週中にも行使するだろう」と伝えている。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 イチローは3点を追う5回、先頭で2番手投手・ニコリーノの代打として登場。ナショナルズ先発シャーザーの5球目の95マイル(約153キロ)速球をライト前に弾き返した。その後、テリスのメジャー初本塁打で生還。守備にはつかず、交代した。この回3得点で一時は同点に追いついたマーリンズだったが、その後は点の取り合いの末に7-10で敗れた。

 今季はメジャー通算500盗塁、日米通算安打でのピート・ローズ(4256本)超え、メジャー通算3000安打、日米通算で福本豊が持つ三塁打の日本記録(115本)更新など、数々の偉業を達成。143試合に出場し、打率.291をマークした。キャリアワーストの打率.229に終わった昨季から“V字回復”。終盤までプレーオフ進出争いを繰り広げたチームで、存在感を見せた。

 昨季はシーズン終了直後に契約を1年更新。年俸200万ドル(約2億260万円)となる2017年の契約更新は、球団が選択権を持つ内容となっているが、残留は確実な状況のようだ。

メジャー17年目へ「マーリンズは権利を今週のどこかで行使することが予想される」

 MLB公式サイトでは「イチロー・スズキは5回に代打で出場し、シーズンを締めくくった。42歳にとって、通算3030本目のヒットだった。イチローは今季、メジャーで3000安打を達成した30人目の選手になった」とベテラン外野手の今季を総括。その上で、今後の動向について以下のように伝えている。

「マーリンズはイチローを来季も呼び戻すための球団オプションを保持している。そして、彼らはそれを今週のどこかで行使するだろう」

 第4の外野手として走攻守の全てでチームを支えただけでなく、若手の手本としても大きな役割を果たしているイチロー。今季、チームメートとの絆はさらに深くなっており、球団の評価は変わらず高いことから、契約延長は自然な流れと言えそうだ。

 10月22日には43歳の誕生日を迎えるが、メジャー17年目もマーリンズのユニホームを身にまとい、プレーオフ進出、そして悲願の世界一を目指すことになる。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/3(月) 11:27

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]