ここから本文です

ぱるる、自筆文で卒業を報告

MusicVoice 10/3(月) 22:34配信

 AKB48の“ぱるる”こと島崎遥香(22)が、グループからの卒業を発表した。3日に東京・秋葉原でおこなわれた『バイトルNEXT』新CM発表会で明かしたもので、島崎は改めてツイッターでも報告。「AKB48を年内(12月31日)をもって卒業することを正式に発表させていただきました」と自ら書いた文面の画像を掲載。真摯な気持ちでファンに決断を報告している。

【写真】卒業を伝える、ぱるるの自筆文

 島崎は3日、東京・秋葉原で開かれた、自身が出演するCM「バイトルNEXT」の新CM発表会に出席。AKB48グループから卒業することを発表した。

 その後、自らのツイッターを更新。「汚い字ですみません...」と殊勝な面持ちでつぶやいた島崎は、自身の手で書いた綺麗なタッチが印象的な文面の画像を掲載した。

 島崎は「本日『バイトル』新CM発表会にて、AKB48を年内(12月31日)をもって卒業することを正式に発表させていただきました」と、卒業することを改めてファンに向けて報告。「今までお世話になってきたバイトルさんが協力をして下さりCMでの卒業発表という形になりました」と綴った。

 続けて島崎は「最後の握手会は12月24日、卒業公演は12月26日にAKB48劇場にて行われます」と、AKBメンバーとしての仕事の予定を伝えた。

 そして、「アイドルとしての活動は約3ヶ月と残り僅かではありますが、ファンの皆様をはじめ芸能関係者の皆様、宜しければ卒業後も応援の程、よろしくお願いいたします」と真摯な態度で卒業を報告している。

 この島崎の報告にファンは「正直寂しいし 凄く悲しい」「ぱるる卒業 ショック やだ」「手書きとか泣ける」「最後のアイドルぱるるを堪能させてもらいます」「女優島崎遥香お応援するよ」「全力で応援する」などと、寂しさやエールの声を続々と寄せている。

 今月12日に放映開始した、島崎が出演する「バイトル」の新CMが話題を呼んでいた。カフェ店員に扮した島崎は、後輩役を務めたAKB48兼HKT48の宮脇咲良から「ぱるるさん、やめちゃうんですか?」と聞かれ、島崎は「ここで色々、経験してやりたい夢がわかったの。だからやめるんじゃなくて卒業だよ。次に進むことに決めた」とさっぱりとした表情で語っていた。

最終更新:10/3(月) 22:34

MusicVoice