ここから本文です

<埼玉西武>辻新監督、就任会見 守りの野球を土台に「優勝目指す」

埼玉新聞 10/3(月) 22:49配信

 プロ野球パ・リーグの埼玉西武ライオンズは3日、今季中日で作戦兼守備コーチを務めた球団OBの辻発彦(57)の新監督就任を発表し、所沢市内の球団事務所で記者会見を行った。選手として11年間慣れ親しんだユニフォームに監督として再び袖を通すことになった辻氏は「ユニフォームを着てグラウンドに立つ以上は、勝負師として、優勝目指して精いっぱい頑張る」と力強く語った。契約年数は2年で、背番号は85。

 埼玉西武は今季、3年連続で上位3チームが進むクライマックスシリーズの出場を逃した。9月27日に田辺徳雄監督が辞任を表明。球団は低迷の要因の一つとしてリーグワーストの101失策を記録した守備と考えており、名二塁手として名をはせ、指導力でも定評のある辻氏に監督就任を要請していた。

 辻監督は「1点をいかにして取るか、守るかというところから始める」と述べ、投手を中心とした守りの野球をチームづくりの土台とする方針を示した。

最終更新:10/3(月) 22:49

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。