ここから本文です

三井物産 モアティーズ探鉱権益、新条件で合意

日刊産業新聞 10/3(月) 12:18配信

 三井物産は30日、伯資源大手のヴァーレがモザンビークで展開する原料炭事業に参画する新たな条件で合意したと発表した。モアティーズ炭鉱の権益95%を持つヴァーレ子会社の持分15%の取得に対する初期投融資を2億5500万ドル(255億円)とした。2年前は4億5000万ドルとしていたが、今回追加拠出分は条件次第とした。原料炭が急速な値上がりで再び注目を浴びるなか、三井物産はヴァーレとの協力関係を通じて、炭鉱からインフラまで一貫した供給力を着実に整備する。

最終更新:10/3(月) 12:18

日刊産業新聞