ここから本文です

朝ドラ「べっぴんさん」スタートに「芳根京子が可愛すぎ」。ミスチルが歌う主題歌には「朝から爽やかな曲!」「ヒットの予感」

E-TALENTBANK 10/3(月) 21:00配信

10月3日より、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」がスタートした。

「べっぴんさん」は、戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語。このドラマはアパレルメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子氏の生涯がモデルなったもので、激動の時代を生きた女性たちの人生の物語として大胆に再構成したフィクションとなっている。

第1回目の今日は、主人公のすみれの幼少期(渡邉このみ)の様子が描かれたほか、オープニングでは芳根京子演じる大人になったすみれも登場した。

第1回目の放送に、視聴者からは「おもしろくなるかなぁ~たのしみ~~~」「毎朝楽しみになるような、皆様に愛されるドラマになりますように」「芳根京子が可愛すぎやん」「芳根京子ちゃん可愛すぎたし菅野美穂さん美人すぎたし」という期待の声や、ヒロインを演じる芳根京子の可愛さと母親役の菅野美穂に対する感想が多く見られた。

また、このドラマの主題歌はMr.Childrenの新曲「ヒカリノアトリエ」。朝ドラの曲を初担当するミスチルの新曲に「べっぴんさんの主題歌ミスチルだあああ」「この主題歌素敵だわー」「いいなーヒットの予感」「朝からテンション上がった~」「宇多田ヒカルもよかったけど、これから毎日楽しくなるな」「かわいらしくて朝から爽やかな曲!」と絶賛の声も上がっていた。

最終更新:10/3(月) 21:00

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]