ここから本文です

【MLB】田中将大、最優秀防御率ならずも…辛辣NY紙「進歩」、エースとしてフル稼働

Full-Count 10/3(月) 14:27配信

シーズン通して先発ローテ牽引、本人は最後の2登板回避を悔やむ

 ヤンキースは2日(日本時間3日)、本拠地でオリオールズに2-5で敗れ、84勝78敗で今季の全日程を終えた。最近4年で3度目のプレーオフ逸に終わったが、トレード期限に主力を大量放出しながら、終盤戦までワイルドカード争いに絡んだ。後半戦で中心となったのは、53試合で20本塁打とルーキーながら驚異的な活躍を見せたゲーリー・サンチェス捕手、そして、シーズンを通して安定感を見せた田中将大投手。エース右腕は惜しくも最優秀防御率のタイトルに届かなかったが、辛辣なニューヨーク地元紙はメジャー3年目で「進歩」したと伝えている。

田中将大のNPB・MLBでの年度別通算成績

 田中は31試合に先発し、リーグ3位の防御率3.07でフィニッシュ。この日、レッドソックス戦で7回1失点と好投したブルージェイズのサンチェスが3.00で最優秀防御率のタイトルに輝き、ブレーブス戦で7回1失点と好投したタイガースのバーランダーが3.04で2位に浮上してシーズンを終えた。

 惜しくも初タイトルは逃したが、14勝(4敗)、199回2/3、165奪三振はいずれもメジャー自己最高の成績。地元紙「デイリー・ニュース」は「今季、マサヒロ・タナカはヤンキースとともに進歩した」とのタイトルで特集記事を掲載。最終的にサンチェスがタイトルを獲得したことを伝えつつ「日本人エースはア・リーグ最優秀防御率に関し、何もすることが出来なかった」と報じている。

 無念だったのは、タイトルを狙える位置につけながら、予定されていたシーズン最後の2度の登板を回避する結果に終わったこと。田中は9月21日(同22日)の敵地レイズ戦で先発した後に右前腕の張りを訴え、26日(同27日)のブルージェイズ戦は先発できず。今月1日(同2日)のオリオールズ戦には登板できる状態だったが、プレーオフ進出が消滅したこともあり、ヤンキースは見送りを決めた。ジョー・ジラルディ監督は「投げさせても意味はない」と説明していた。

1/2ページ

最終更新:10/3(月) 14:43

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]