ここから本文です

山本アナ、19年ぶりにカツラでTV出演

Lmaga.jp 10/3(月) 6:00配信

大阪のテレビ局で活躍中のフリーアナウンサー・山本浩之が、19年ぶりにカツラをかぶってテレビ出演。古巣・関西テレビの、来年放送予定のドラマ『大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語 part2』の撮影に挑んだ。

レギュラー番組での、通常仕様の山本浩之アナ

1998年に深夜番組『クロスファイア』で、自らカツラであることをカミングアウトした山本(当時は、関西テレビの局アナ)。アナウンサーとしては全国初の勇気ある告白は、当時さまざまなメディアが取り上げ、大きな話題となった。

今回出演するドラマは、カツラに乗り移った亡き妻の霊が、婚活デート中の山本の発言やふるまいに反応して、飛び上がったり、回転するという設定。10月2日のクランクインにカツラをかぶって登場した山本は、「湿気が多い日の、このかぶってる感覚なつかしいわ~」と、どこか感慨深げ。

出演オファーを受けた際には、「これ、僕以外誰がやるの?」と喜んで引き受けたという山本。「ヅラを付けながらデートをする苦しみ、こんな厄介な部分を抱えながら新しい恋に突き進む主人公の気持ちは僕しかわからない」と、意欲満々。共演した女優の中江有里は、台本を読んで「この役、ヤマヒロさんだったらいいなあ」と思ったと言い、本格ドラマ初主演の山本の演技について、「俳優志望だったのでは?と思うくらい監督の指示に的確に応えておられました」と絶賛した。ドラマは来年2月に放送される予定。

最終更新:10/3(月) 6:00

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]