ここから本文です

“ブロッコリー”で頭がいっぱい?2017年のブレイク必至のD.R.A.M.の大胆さ(Song Review)

Billboard Japan 10/3(月) 11:20配信

 2016年10月8日付米ビルボード・ソング・チャートで、先週の12位から8位へランクアップし、自身初のTOP10入りを果たした、ドイツ出身の新星ラッパー、D.R.A.Mの「ブロッコリー」。ジョージア州出身の若手ラッパー、リル・ヤッチーをゲストに招いた、最新のヒップホップ・ソングだ。

 D.R.A.M.は、1988年生まれの現在28歳のラッパー/シンガー・ソングライター。2015年にシングル「チャ・チャ」でデビューし、同年3月にEP盤『#1Epic』と、10月にミックステープ『Gahdamn』をリリースしている。ヒット中の「ブロッコリー」は2ndシングルにあたる曲で、初のチャートインにして、R&Bチャート、ラップ・チャートでは首位をマークする大ヒットを記録している。

 レゲエっぽいリズムに乗せたユルめのトラップ・ソングで、ピアノとフルートの音使いが印象的なナンバー。この「ブロッコリー」とは、いわゆるマリファナ(大麻)を意味するスラングだそうで、「ブロッコリーで一服したい」と歌う大胆な歌詞や、出演者の頭がブロッコリーになってしまうユニークなビデオが、若層を中心にウケている。同ビデオの視聴回数は3000万回を突破した。

 制作は、D.R.A.M.とリル・ヤッチー、そして、トラヴィス・スコットや、ケンドリック・ラマーとの絡みもある、L.A.出身のトラックメイカー、ロジェ・シャハイエドが担当している。著名アーティストが参加したわけでもなく、大きなプロモーション活動も行っていないが、登場たった15週でTOP10入りするというのは、異例である。

 D.R.A.M.は、今年「キュート」、「キャッシュ・マシーン」の2曲をシングルとして発売し、E-40の「スラッピン」という曲にもゲスト参加している。「ブロッコリー」の大ヒットを受け、デビュー・アルバムが年内、もしくは年始あたりにリリースすることが期待されていて、2017年のブレイク・アーティストの一人としても、注目されている。

Text:本家一成

◎リリース情報
「ブロッコリー」
D.R.A.M.
2016/9/5 RELEASE
デジタル配信
https://goo.gl/T76XyQ

最終更新:10/3(月) 11:20

Billboard Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革