ここから本文です

【HOT BUZZ SONG】RADWIMPS「前前前世」の勢いが止まらない、ダウンロード、 Twitter、動画再生全てトップ

Billboard Japan 10/3(月) 11:20配信

 【HOT BUZZ】Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、YouTube、GYAO!のみを集計し、ネットで話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。今週も映画『君の名は。』のサウンドトラックが、10位以内に4曲チャートインという結果になった。

 RADWIMPS「前前前世」は、今回で5週連続6回目の首位に。配信開始より1ヶ月以上経過しているにも関わらず、ダウンロード数が2位以下を大きく引き離しており、前週よりもさらに伸びるという結果となった。Tweet 数と動画再生回数も前週に続いて最も高く、映画のヒットとの相乗効果によって、コアファンからライト層まで、幅広く浸透してきている様子が分かる。

 もう一曲、下半期のロングヒットと言えばJY「好きな人がいること」だ。10週連続で“ホット・バズ・ソング”10位圏内をキープしており、今週もRADWIMPSに次いで3位を獲得した。本作はTweet 数は10位を下回るものの、ダウンロードと動画再生回数が好調。ドラマのタイアップと無料動画によって楽曲が浸透し、ダウンロードに繋がるという理想的なサイクルを描き続けている。

 そんな中、トップ5に初登場したのがダウンロード3位の松田聖子「薔薇のように咲いて 桜のように散って」。また、宇多田ヒカルが2012年11月に配信リリースした「桜流し」(『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』テーマソング)が、アルバム『Fantome』の収録曲ということもあって再注目されTwitterを中心に注目を集め、ホット・バズ・ソング7位を獲得した。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ(2016年10月3日付)
1位「前前前世」RADWIMPS
2位「なんでもないや」RADWIMPS
3位「好きな人がいること」JY
4位「スパークル」RADWIMPS
5位「薔薇のように咲いて 桜のように散って」松田聖子
6位「夢灯籠」RADWIMPS
7位「桜流し」宇多田ヒカル
8位「恋」星野源
9位「Taking Off」ONE OK ROCK
10位「WILD WILD WILD」EXILE THE SECOND

最終更新:10/3(月) 11:20

Billboard Japan