ここから本文です

アロンソ「自分の順位に驚いた! 運も味方したが、速さもあった」マクラーレン・ホンダ マレーシア日曜

オートスポーツweb 10/3(月) 8:35配信

 2016年F1マレーシアGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは7位だった。

2016年第16戦マレーシアGP ジェンソン・バトン(マクラーレン・ホンダ)

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=7位
 いくつかすごいバトルがあり、僕らにとってかなりエキサイティングなレースだった。
  
 最後尾グリッドだったが、スタートでいくつか順位を上げ、幸い1コーナーのアクシデントにも巻き込まれずに済んだ。自分のポジションにびっくりしたよ。ほんの数周でポイント圏内を走っていたんだ。

 その時点で、無線を通して戦略について話し合った。アグレッシブにいくか、コンサバ寄りでいくかの選択だ。最終的に、僕らはアタックすることに決め、オプションタイヤの新品セットをすべて活用することにした。予選で使わずに残しておいたものだ。

 最後のバーチャル・セーフティカーは僕らに有利に働いた。そこで最後の新品セットを装着することができた。
  
 今週末は(グリッド降格)ペナルティを受けなければならなかったから、多少幸運が必要だった。今日はその運をつかむことができたんだ。

(Crash.netに対して語り)この2年、僕らは苦労してきた。たまには幸運をつかむ資格がある。
 マシンは最後までペースがよかった。特に苦労もなく(ニコ・)ヒュルケンベルグを後ろに抑えることができたし、前のセルジオ(・ペレス)に向けてアタックすることもできた。

 ハッピーだよ。攻めていくことに決めて、すべてがうまくいった。でもやるべきことはまだ多い。
  

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 8:39

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]