ここから本文です

クビアト「ルノーとの接触で台無しに。鈴鹿で挽回したい」:トロロッソ マレーシア日曜

オートスポーツweb 10/3(月) 6:57配信

 2016年F1マレーシアGP決勝で、トロロッソのダニール・クビアトは14位、カルロス・サインツJr.は11位だった。

2016年第16戦マレーシアGP セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とニコ・ロズベルグ(メルセデス)のクラッシュ

■スクーデリア・トロロッソ
ダニール・クビアト 決勝=14位
 残念なことに、僕のレースは1周目の接触によって台無しになってしまった。いきなりフロントウイングを壊して、その後はあまり多くを望めなかった。こういうことになるのは本当に悔しい。だけど、グリッドの後方からのスタートになると、どうしても接触のリスクはあるもので、うまく逃げられるか、あるいは逃げられないかは時の運だ……。

 今回は運に恵まれないレースだったということだね。幸いなことに、次の日本でのレースはもう来週に迫っているから、すぐに気持ちを切り替えて次の仕事に専念すれば、今日のことは忘れてしまうだろう。

カルロス・サインツJr. 決勝=11位
 ポイント獲得まであと一歩だった! 今回はスタート直後から波乱の多いレースで、まさに僕らが望んでいた展開になったんだけど、僕自身がスタートで厄介な事態に陥っていた。クラッチを温めながらグリッドにつこうとしていたところで、急にエンジンが止まってしまったんだ! そして何とかエンジンが息を吹き返した瞬間に、レッドシグナルが消灯した……。僕のスタートが悪かったのには、そんな理由があったんだ。

 だけど、ターン1ではスゴい仕事をして、一気に5台か6台をパスすることができた。その後は周りのライバルたちとは反対の戦略を採って、チャンスを作ろうと試みた。最初のバーチャル・セーフティカーでステイアウトしたのも、ちょっとリスキーな選択ではあったけど、それによってポイントを争う位置で戦うことができた。結果としては、いいレースができたと思う。

 ポイントを獲れなかったのは、僕らがトライしなかったからではなく、単純にペースが遅かったからだ。言うまでもなく、これからも努力を続けるつもりだし、日本でのレースを楽しみにしている。去年初めて走って、大いにエンジョイして以来、鈴鹿は僕のお気に入りのコースのひとつなんだ。そして、またあのすばらしい日本のファンに会うのが待ち遠しいよ。彼らの応援で、僕らも一段と気合いが入るのは間違いないからね!

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 6:57

オートスポーツweb