ここから本文です

パーマー初入賞に大喜び「ついに僕も“F1ポイント獲得者”になった!」:ルノー マレーシア日曜

オートスポーツweb 10/3(月) 7:35配信

 2016年F1マレーシア決勝で、ルノーのケビン・マグヌッセンはリタイア、ジョリオン・パーマーは10位だった。

F1最新フォトコーナー

■ルノー・スポール・フォーミュラ1チーム
ケビン・マグヌッセン 決勝=リタイア
 スタート直後に(セバスチャン・)ベッテルと(ニコ・)ロズベルグのアクシデントがあり、後続の全員が回避行動を取る中で、僕は「サンドウィッチの具」になってしまった。みんなが一斉にブレーキを踏み、インサイドへ寄ってきたんだ。すでにイン側にいた僕はどうすることもできず、誰かに追突されて、玉突きのように前のクルマをヒットした。まあ、モーターレーシングでは時々起きることだよ。

 僕はすぐにフロントウイングを交換してプッシュし続けたけど、ブレーキのクーリングダクトが壊れていて、ブレーキ温度がどんどん上昇し、リタイアせざるをえなくなった。

 それでも、今回は前途に希望を持てる週末だった。このクルマを着実に速くしていくことができたからだ。このレベルのパフォーマンスを維持できるように、今後もプッシュしていくつもりだよ。前回は僕がポイントを獲り、今度はジョー(ジョリオン・パーマー)がポイントを記録した。ポイントこそが、チームのみんなの望んでいるものなんだ。

ジョリオン・パーマー 決勝=10位
 ついにポイント獲得者になった! 本当にうれしくて、ハッピーだ。この週末は全体がポジティブなもので、レースも最後まで順調だった。いつもこんな風に、すんなり行くといいんだけどね。

 ただ、週末の初めからずっといい手応えを得ていただけに、予選の結果にはガッカリしていたんだ。レースでは順調に走り、その埋め合わせをすることができて本当に良かった。クルマは僕が必要としていたものを全部与えてくれた。タイヤをうまく扱うこともできたし、戦略とピットストップに関してはチームがすばらしい仕事をした。そして、少しばかり運にも恵まれ、最終的にすべてがうまくまとまって10位でフィニッシュできた。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 7:37

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。