ここから本文です

エンジントラブル多発のハミルトン、走行距離節約のためF1フリー走行欠場も示唆

オートスポーツweb 10/3(月) 13:30配信

 メルセデス・モータースポーツのトップを務めるトト・ウォルフは、F1マレーシアGPにおいてルイス・ハミルトンのリタイア原因となったエンジントラブルを、「くまなく調査する」ことを約束した。 

ハミルトン、エンジンブローで勝利失い意気消沈。「僕にばかりトラブルが起こるのはおかしい」

 トップを走行中だったハミルトンは、残り15周となった時点でエンジンがブロー。タイトル争いをするチームメイトのニコ・ロズベルグに対し、23ポイントの差をつけられる結果となった。次戦の日本GPを含めて今季はまだ5戦が残っているものの、使用できるエンジンは2基という厳しい状況に立たされている。

 ハミルトン車の大きなエンジントラブルは、中国GPとロシアGPで発生したものに続き、今シーズン3度目となる。残る2基のエンジンについて科学的な調査をするかとの問いに対し、ウォルフは以下のように回答している。

「我々には2基のエンジンが残されている。ひとつは3レースに使用したもので、もうひとつはまったくの新品だ。今後のレースに向けて、これらをくまなく調査する。とはいえ、科学的なアプローチですべてをチェックするというのが、そもそもの我々のやり方だ。トラブルの原因を具体的に特定するために必要なことは、すべて行う予定だ」

 これまでにハミルトンを襲ったエンジンの問題は、それぞれが関連するものではないとウォルフは言う。

「多くのトラブルは、それぞれと関連していないというのが、興味深いところだ。別々の問題が起きている。供給プロセスによる問題であったり、素材、組み立て、単純な設計ミス、はては耐用距離に達していないのに劣化が起きていたりと様々だ。特定できるようなパターンが存在しない」

 ハミルトンは2基のエンジンで残るレースを戦い抜けるか否かを懸念しており、エンジンの走行距離を抑えるために、フリー走行に出走しないことも考えていると話す。

「2基のエンジンが(残りのレースを)走り切れるかどうか、わからない。でも、それを願うことはできる。この2基が確実に最後まで保つよう、チームにはできるかぎりのことをしてもらいたいと考えている。フリー走行を走らないことも対策のひとつになるなら、走らないことにする。レースを戦い抜くためになら、何だってする」

 一方でウォルフは「フリー走行に出走しなければ、それが週末全体にダメージを与えかねない。レースに向けて、より信頼性の高い状況を作り上げていくつもりだ」と語り、フリー走行の欠場については否定的な考えを示した。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 13:30

オートスポーツweb