ここから本文です

WRC第10戦:オジエ、ツール・ド・コルス初制覇もタイトル確定はならず

オートスポーツweb 10/3(月) 12:02配信

 世界ラリー選手権(WRC)第10戦ツール・ド・コルスは2日、SS9~10が行われ、初日からトップを快走したセバスチャン・オジエ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が優勝。しかし、ボーナスポイントが獲得できるパワーステージで3位に終わったため、今大会でのタイトル獲得はならなかった。

 現地30日に行われたSS1でトップに立ったオジエは、SS2を終えた段階で15秒近いギャップを構築。その後、総合2番手につけていたクリス・ミーク(シトロエンDS3 WRC)にパンクがあったことで、初日終了時点で44秒もの大量リードを獲得した。


 その後、オジエは「パンクの可能性を考慮してペースを抑えた」としながらも、トップを快走。今大会最長のSS9を走り終えた時点でも総合首位に立ち、パワーステージのSS10でトップを獲得すれば、母国ラウンドでのタイトル連覇を決められる状況へと持ち込んだ。


 しかし、そのSS10では初日にパンク、1日のSS6では木にヒットしてデイリタイアしていたミークが奮起。オジエを1.6秒上回ってステージ勝利を奪い、ツール・ド・コルスでのタイトル確定を防いだ。

 母国での4連覇達成はならなかったものの、オジエはSS10をステージ3位で完走し、第9戦ドイチェランドに続いて2連勝。コルシカ島でのWRC初勝利を手にしている。

「今週末、僕たちの真の目的は母国ラウンドでの勝利だった」とオジエ。

「僕とジュリアン(・アングラシア)がコルシカでのWRC戦で勝利するのは初めて。本当にクラシックな1戦で勝利できて最高の気分だよ」

「今週末は完璧だったから、これ以上なく幸せだよ。もちろん、理論上はここで4年連続のチャンピオンになるチャンスもあったけれど、それは次のスペインで狙っていく」


 前日、ヒュンダイのティエリー・ヌービル(ヒュンダイi20 WRC)とアンドレアス・ミケルセン(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が接戦を繰り広げていた総合2位争いはヌービルに軍配。フォルクスワーゲンのワン・ツーはならなかった。


 この週末、マシンのセットアップとブレーキバランスに苦しんだヤリ-マティ・ラトバラ(フォルクスワーゲン・ポロR WRC)が総合4位。最上位クラスで初のターマックイベントに臨んだクレイグ・ブリーン(シトロエンDS3 WRC)が総合5位に入っている。



 また、今大会で実戦デビューを果たしたヒュンダイi20 R5は、WRC2の4番手として臨んだSS7で液漏れが発生。デビュー戦完走は果たせなかった。

 WRC第11戦は10月13~16日にスペインで行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 12:19

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]