ここから本文です

MotoGP:レディング、アラゴンでの同僚とのクラッシュに激怒。ペトルッチはミスを謝罪

オートスポーツweb 10/3(月) 14:15配信

 アラゴンGPでチームメイトのダニロ・ペドルッチに接触されたスコット・レディングは、ペドルッチに対し、「ライダーとしてのリスペクトを失った」と語っている。

 10番手からスタートしたレディングは、1周目に12コーナーでペトルッチにコース外に追い出され転倒。レディングはなんとか再スタートを切ったものの、最下位フィニッシュした。

「本当にガッカリしているよ。チームメイトだったら普通は10パーセントはマージンを設けるはずなのにね。チームメイトに当てられるなんて本当に腹立たしいよ。『これはレースだ』って言うかもしれないけど彼が今年こういうことをしたのはこれが初めてじゃない」とレディング。

「彼には腹が立つ。謝りにも来なかったし、僕らはチームメイトだからチームとしては悪い雰囲気だよ。彼に対してライダーとしてのリスペクトを失ったからね」

「彼はいい奴だけど、時々脳みそがないんじゃないかと思うよ。彼がもし僕にマージンを与えたくないんだったら、僕も与えないさ」

 ペトルッチは12コーナーへの進入時に「バイクが止まらなかった」と語っているが、レディングは最近のレースでこういった事故が起こるのはこれが初めてではないと述べている。

「誰かがペトルッチのオーバーテイクについて文句を言ったのはこれが初めてじゃないよ。とても遅く動き、とても深いところまで進入してくる。フェアじゃない」

「レッドブルリンクでのペトルッチとラバティの事故と同じことが起きた。僕にとってレースは接近戦だ。接触もあるけど、誰かを倒すのは接触以上のできごとだ」

「彼はエンジンブレーキに問題があったと言ってただろ。もちろん彼はそういうだろうけど、『ああ、僕が悪かった』とは言わない」

 一方、ペトルッチは電気系に問題を抱えていたと語っており、レディングに謝罪する意図があったとも述べている。

「彼は本当に怒っていたし、彼が正しい。僕が彼のレースを台無しにしたからね。ひどく接触したとは思っていない。けど彼は膨らんで転倒したんだ」

「僕のミスによるクラッシュではないけど、彼が膨らんだのは僕のミスだ。僕が彼のインサイドに行かなければ彼はクラッシュしなかった。本当に申し訳なく思っているよ」

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 15:33

オートスポーツweb