ここから本文です

ウイリアムズF1開発ドライバーのリン、マノーからWEC富士に参戦

オートスポーツweb 10/3(月) 16:28配信

 ウイリアムズの開発ドライバーを務めるアレックス・リンが、富士スピードウェイで行われるWEC世界耐久選手権第7戦でLMP2クラスにマノーから参戦する。

 現在GP2で2年目のシーズンを過ごすリンは、中野信治、トー・グレイブスとともに45号車のマノー・オレカ05をドライブ。来シーズン、GP2に参戦する意思はないと表明しているリンは、昨年行われたWECのルーキーテストでトヨタTS040ハイブリッドをドライブしている。

 マノーのスポーティングディレクターを務めるグレアム・ロードンは「アレックスのことはジュニア・フォーミュラ時代から知っていたし、定期的に連絡を取り合っていた。彼はとてつもなく速いドライバーなので、チームに招き入れることができ、嬉しく思う」と述べた。

 リンとともにWEC富士ラウンドに挑む中野とグレイブスは、2012年の富士でもチームメイトとしてLMP2クラスに参戦し優勝を飾っている。

 WEC世界耐久選手権第7戦富士は10月14日に開幕。16日に決勝レースが行われる。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/3(月) 16:29

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]