ここから本文です

<台風18号>沖縄県が災害対策本部会議を開催

沖縄タイムス 10/3(月) 10:40配信

 非常に強い台風18号の接近で県は3日午前、県庁で県災害対策本部会議(議長・翁長雄志)を開き、各部局に万全の対策を呼び掛けた。

 沖縄本島地方は3日昼すぎから4日にかけて暴風となる見込み。

 路線バスは午前11時から運休。沖縄都市モノレール(ゆいレール)は那覇空港12時発、首里駅発12時5分から運休する予定。

 空路は240便が欠航、2万6500人に影響が出る見込み。

 台風18号の接近に伴い県は来庁者や職員の安全確保のため、3日午前10時、本島区域の業務を停止した。4日午前8時半の始業から業務を再開できない場合、午前6時半までに県のホームページで知らせる。

 翁長知事は「各部局で盲点がないかしっかりと確認し、対応をお願いしたい」と対策に万全を期すよう各部局長に求めた。

最終更新:10/3(月) 10:40

沖縄タイムス