ここから本文です

勇壮に御輿が川渡り

紀伊民報 10/3(月) 17:01配信

 和歌山県印南町で2日、印南八幡神社と山口八幡神社の例祭が営まれ、町内は祭り一色に染まった。

 二つの神社の祭りを総称して「印南祭」と呼ぶ。午後からは、印南八幡神社で神事を営んだ山口、宇杉、本郷、光川の4地区の屋台と御輿(みこし)が、御旅所の印南漁港に向けて印南川に沿って練り歩いた。途中で川渡りがあり、青年らがのぼり、屋台、御輿の順に次々と川に飛び込んだ。

 日曜で秋晴れとなり、多くの人が詰め掛けて勇壮な川渡りを見物した。大阪府泉佐野市から来たアマチュアカメラクラブの奥章夫さん(65)は「朝から祭りを撮影した。印南祭は2回目で川渡りも勇壮で活気がある」と話した。

最終更新:10/3(月) 17:01

紀伊民報