ここから本文です

ペップ・マンC、今季12戦目で公式戦初黒星 2位トッテナムに完封負け

SOCCER KING 10/3(月) 10:46配信

 プレミアリーグ第7節が2日に行われ、トッテナムとマンチェスター・Cが対戦した。

 トッテナムはリーグ戦3連勝中と好調で、4勝2分けの2位につけている。先発メンバーには、デレ・アリ、ムサ・シソコらが名を連ね、1トップには直近の公式戦2試合で3ゴールを挙げているソン・フンミンが入った。

 一方のマンチェスター・Cはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節セルティック戦には引き分けたものの、開幕から公式戦10連勝を達成しており、リーグ戦でも無傷の6連勝で首位に立っている。ダビド・シルバ、ラヒーム・スターリング、セルヒオ・アグエロらが先発に起用された。

 試合は開始9分にホームのトッテナムが先制に成功する。左サイドでボールを受けたダニー・ローズが左足でクロス。これがファーサイドのDFアレクサンダル・コラロフのクリアミスを誘い、ゴール右上に吸い込まれた。

 さらに37分、トッテナムが追加点を挙げてリードを2点に広げる。エリア付近右でボールを拾ったソン・フンミンが右足でエリア内中央にスルーパス。これに反応したデレ・アリが右足を振り抜き、ゴール左下に流し込んだ。前半はこのまま終了し、トッテナム2点リードで折り返した。

 後半に入って65分、トッテナムに決定機が訪れる。エリア内中央にドリブルで強引に侵入したデレ・アリが、フェルナンジーニョに後ろから倒されてPKを獲得。キッカーのエリク・ラメラは左足でゴール右下を狙ったが、GKクラウディオ・ブラボの好セーブに阻まれた。

 2点を追うマンチェスター・Cは80分、エリア付近中央でイルカイ・ギュンドアンのパスを受けたシルバが左足のアウトサイドでラストパス。エリア内でこれを受けたアグエロが左足で放ったシュートは、相手DFに当たってコースが変わったが、GKウーゴ・ロリスが左手1本で弾き出した。

 試合はこのまま終了し、トッテナムが2-0で完封勝利。リーグ戦4連勝を達成し、首位マンチェスター・Cとの勝ち点差を1とした。一方のマンチェスター・Cは今シーズン公式戦12試合目で初黒星を喫した。

 次節は15日、トッテナムは敵地でウェスト・ブロムウィッチと、マンチェスター・Cはホームでエヴァートンと対戦する。

【スコア】
トッテナム 2-0 マンチェスター・C

【得点者】
1-0 9分 オウンゴール(アレクサンダル・コラロフ)(トッテナム)
2-0 37分 デレ・アリ(トッテナム)

SOCCER KING

最終更新:10/3(月) 11:15

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報