ここから本文です

2位浮上のヘルタ、独メディアは原口に高評価「特に序盤は目を引く動き」

SOCCER KING 10/3(月) 20:12配信

 ブンデスリーガ第6節が10月1日に行われ、日本代表MF原口元気のヘルタ・ベルリンは同DF酒井高徳のハンブルガーSVと対戦。ホームのヘルタ・ベルリンがボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWヴェダド・イビシェヴィッチの2ゴールで2-0と3試合ぶりの白星を挙げ、2位に浮上した。一方、ハンブルガーSVはマルクス・ギズドル監督の初陣を飾れず5連敗となり、最下位に転落した。

 原口と酒井高はともに開幕から6試合連続のフル出場を果たした。ドイツメディア『Sportal.de』は試合後の採点で、原口に他5選手とともに「2.5」点をつけ(イビシェヴィッチの「1.5」点に次ぐ高評価)、「目を引く動きをしていた」と存在感を発揮していたことを評価した(ドイツメディアの採点は最高1点、最低6点)。

 一方、酒井高には「4」と厳しい評価。「これまでに比べると低調なパフォーマンス」との寸評が記されている。

 また、日本代表MF長谷部誠のフランクフルトはアウェーでフライブルクと対戦し、0-1で敗れた。長谷部は3試合ぶりの先発メンバー入りを果たしてフル出場したが、同メディアの採点は「4」と低い数字がつき、十分なアピールとはならなかった。

 各選手の採点と寸評は以下の通り。

■原口元気
対ハンブルガーSV(2-0○)フル出場
『Sportal.de』
採点:2.5
寸評:16分の右足からの美しいシュートはポストに弾かれたが、とりわけ序盤の時間帯は目を引く動きをしていた。後半も懸命にプレーしたが、前半ほどの強さは感じられなかった。

■酒井高徳
対ヘルタ・ベルリン(0-2●)フル出場
『Hamburger Morgenpost』
採点:4
寸評:右サイドで持ち味のスピードを発揮できず。これまでに比べると低調なパフォーマンス。

■長谷部誠
対フライブルク(0-1●)フル出場
『Sportal.de』
採点:4
寸評:背番号6のポジションで出場も、1対1の局面では3回に1回しか勝てず。中盤の競り合いを制したフライブルクとは大きな差だった。攻撃参加もほとんどなかった。

SOCCER KING

最終更新:10/3(月) 20:12

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。