ここから本文です

ミスした守護神かばうルイス・エンリケ「負けはチーム全員のもの」「選手は機械ではない」

ゲキサカ 10/3(月) 10:02配信

[10.2 リーガ・エスパニョーラ第7節 セルタ4-3バルセロナ]

 リーガ・エスパニョーラ第7節3日目が2日に行われ、バルセロナは敵地でセルタに3-4で敗れた。勝てば単独首位浮上の可能性もあった一戦で順位は変わらず、4位のままとなっている。

 試合後、バルセロナのルイス・エンリケ監督は「負けたことは悲しい」と言い、「私達に勝てるチームがあるとすれば、それはセルタだ」と相手を称えた。クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 前半だけで3失点。後半に入ってからDFジェラール・ピケのヘディングシュートとFWネイマールのPKで2点を返した。1点差に詰め寄り、追い上げムードとなったものの、後半33分にGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンのミスから4点目を献上。その後も1点を返すに留まり、敗戦となった。

 「負けはチーム全員のものだ。そうやって私達は立ち向かって行く」と守護神をかばった指揮官は「選手は、機械ではない」と言い、「私達は起き上がり、次の試合に向かっていく」と次へと目を向けた。

最終更新:10/3(月) 10:02

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]