ここから本文です

TAKAHIRO“新ジャンル”に自信「HiGH&LOW」千秋楽

デイリースポーツ 10/4(火) 4:00配信

 EXILEや三代目J Soul Brothers、E-girlsなど兄弟グループメンバー総出演のライブイベントツアー「HiGH&LOW THE LIVE」が3日、京セラドーム大阪で千秋楽を迎えた。

 グラウンド全面、1万3200平方メートルという「史上最大規模」(関係者)のステージで出演者452人が4時間に及ぶ前代未聞のショーを展開。オープニングから8台のバイクが宙を舞い、TAKAHIRO(31)と登坂広臣(29)はバイクで走り回り、小林直己(31)と早乙女太一(25)は殺陣で真剣勝負。計43曲の熱唱などでファン3万6000人の度肝を抜き続け、TAKAHIROは「新たなエンターテインメントのジャンルを創造できた」と胸を張った。

 昨年からの「HiGH&LOW」プロジェクトは、不良チーム同士の抗争を通した友情や絆をドラマ、コミックなど多メディアで描いた。ツアーはその集大成で、18公演で67万3000人を動員。6月公開の劇場版第1弾は興行収入20億円を突破する大ヒットで、8日に第2弾「-THE RED RAIN」が封切られる。

最終更新:10/4(火) 4:00

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]