ここから本文です

JAL、定時性1位 3期ぶり、国交省16年4-6月期情報公開

Aviation Wire 10/4(火) 9:18配信

 国土交通省航空局(JCAB)は10月3日、日本航空(JAL/JL、9201)や全日本空輸(ANA/NH)、LCC4社など、特定本邦航空運送事業者11社に関する「航空輸送サービスに係る情報公開」の2016年4-6月期分を公表した。定時運航率はJALが2015年7-9月期分以来3期ぶりに1位を獲得。2期連続で1位だったスターフライヤー(SFJ/7G、9206)はわずかに及ばなかった。

 11社全体の定時運航率は前年同期と比べ1.90ポイント低下の91.05%、遅延率は1.90ポイント上昇し8.95%、欠航率は0.62ポイント上昇し1.44%だった。

 遅延、欠航ともに、原因は「その他」が目立った。4月に発生した熊本地震によるものも、「その他」に含まれている。

◆定時運航率

 定時運航率はJALが94.65%で1位、2015年10-12月期と2016年1-3月機に1位だったスターフライヤー(SFJ/7G、9206)は94.58%で2位となった。3位は春秋航空日本(SJO/IJ)で92.40%だった。

スターフライヤーが91.63%で2015年10-12月期に続き1位、これにJALが91.34%、ANAが90.36%で続いた。もっとも値が低かったのは、ピーチ・アビエーション(APJ/MM)の80.31%。以下、ジェットスター・ジャパン(JJP/GK)の80.67%、日本トランスオーシャン航空(JTA/NU)の89.67%と続いた。

◆遅延率

 遅延率はピーチ・アビエーションが19.69%でワースト1位。遅延理由は「機材繰り」が16.28%で最も高かった。以下、ジェットスター・ジャパンが19.33%、日本トランスオーシャン航空が10.33%と続いた。遅延率が最も低かったのは、JALの5.35%だった。

 遅延理由の1位はANAとジェットスター・ジャパンの2社を除く9社が機材繰りで、2社は「その他」だった。

◆欠航率

 欠航率は3.16%のソラシドエア(旧スカイネットアジア航空、SNJ/6J)がワースト1位。欠航理由は「その他」が2.53%で最も高かった。以下、春秋航空日本が2.95%、JALが1.79%と続いた。欠航率が最も低かったのはバニラエア(VNL/JW)の0.38%だった。

 ソラシドエアによると、「その他」の理由は4月に発生した熊本地震の影響によるものだという。

Yusuke KOHASE

最終更新:10/4(火) 9:55

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。