ここから本文です

中川大志が“2度目の青春”を謳歌!平祐奈とW主演で「ReLIFE」実写化

映画.com 10/4(火) 5:00配信

 [映画.com ニュース]スマートフォンアプリ「comico(コミコ)」で連載中の夜宵草氏による人気漫画「ReLIFE」が、中川大志と平祐奈のダブル主演で映画化されることがわかった。「きょうのキラ君」(2017)で幼なじみを演じる2人が、今作ではラブストーリーを展開する。

 映画は、「リライフ」という社会復帰実験プログラムの被験者となり、見た目を若返らせ、高校生として1年間を過ごすことになった男の“2度目の青春”を描く。「クローバー」などの古澤健監督がメガホンをとる。

 就職した会社を3カ月で自主退社し、ニート生活を送っていた27歳の海崎新太(中川)は、高校生として個性豊かな仲間たちと関わるうちに、前向きな気持ちを取り戻す。そんななか、コミュニケーション音痴な女子高生・日代千鶴(平)に恋をするが、1年間の「リライフ」が終わると、周囲の人間の新太についての記憶は消えてしまうのだった。

 現在18歳の中川は、「27歳を演じるという事が大きなチャレンジなので、とても楽しみです」と撮影を心待ちにしている様子。10年前と現在の高校生に「どんなジェネレーションギャップがあるのか研究していきたい」と役作りにも余念がなく、「27歳と17歳のギャップをリアルに作れたらと思っています」と意気込みを語っている。

 原作を「あっという間に読み終えた」という平は、今作への出演決定に喜びながらも「少し不安もあり、ドキドキとワクワクがまじっていました」と本音を吐露。原作の千鶴に似せるために前髪を切り、「マンガを見ながら“ニタッ”とした笑顔の練習をしています」と原作ファンの期待に応えるべく全力投球中であることを明かしている。

 「ReLIFE」は、11月上旬にクランクインし、2017年4月15日から全国公開を予定している。

最終更新:10/4(火) 5:00

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]