ここから本文です

巨人クルーズ退団も CS前に抹消で事実上“追放”調整方法巡り首脳陣と衝突か

デイリースポーツ 10/4(火) 5:00配信

 巨人のルイス・クルーズ内野手(32)が3日、出場選手登録を抹消され、DeNAと戦うCSファーストS(8日開幕、東京ドーム)の欠場が決まった。高橋由伸監督(41)は「チーム事情としか言えない」と説明したが、調整方法などを巡って首脳陣と意見の衝突があったもよう。事実上の“追放”となり、退団となる恐れも出てきた。

 東京ドームを不穏な空気が包んだ。練習開始前、ぶ然とした表情のクルーズが全ての野球道具、荷物を手にクラブハウスを退室。駆け寄る報道陣を通訳が「何も言えないです」と制し、無言のまま球場を後にした。

 CSまで1週間を切り、「7番・二塁」の不可解な離脱。関係者によるとクルーズには“さぼり疑惑”があり、これまでもコンディションの不調を理由に試合の欠場や練習の別メニュー調整を要望。試合中の緩慢な態度も問題視されていた。

 CSファイナルSに進んだ場合は第2戦から出場可能。だが、指揮官は復帰の見通しについて「それは分からない」と語り、二塁の代役候補に挙がる中井、寺内らに期待感を示した。

 クルーズは2年契約の1年目。当然、来季も残留の見通しだが、今季途中にヤクルトを去ったオンドルセクのように、首脳陣との衝突が原因で退団した助っ人は少なくない。“溝”が埋まらない限り、最悪のケースも考えられそうだ。

最終更新:10/4(火) 11:34

デイリースポーツ