ここから本文です

地域が元気になるためにはeコマース(ネットショップ)が必要だと本気で考えています!

ネットショップ担当者フォーラム 10/4(火) 9:01配信

ネットショッピングも市民権を得て、生活に欠かせない「インフラ」になってきました。

私が14年前、「保険会社を辞めて楽天市場というところで働く」と両親に話したところ、「どこの市場? 築地? どこ? やめておけ!」と言われたあの当時からすると、隔世の感があります。ちなみに、父ミツオ(69歳)は、いまや楽天市場で普通に買い物を楽しみ、楽天トラベルで旅行予約をし、楽天イーグルスの勝ち負けに一喜一憂するようになりました(笑)

1997年に創設された楽天市場は、そもそもの始まりが「地域の中小企業がネットショップという武器を手にすることで、商売を拡大していただき、元気になってもらう」ことを応援するために立ち上がったインターネットショッピングモールです。この理念に共感して私は14年前に入社しましたし、多くの社員が同じだと思います。

楽天の地域活性課という部署の存在意義は、「地方を元気に! 地方から日本を元気に!」という理念を具現化するために、地方自治体の皆さん、店舗さんたちと三位一体で地域を盛り上げていく! これに尽きます。

地域を活性化するためにまずは「人と会う」

私が所属する地域活性課は総勢13名で、楽天組織ではかなりこじんまりした所帯です。主に「地域活性のための提案・営業するチーム」と「実際に自治体と一緒になって事業を企画・運営するチーム」に分かれており、日々、各担当者が全国を飛び回っています。率先垂範(のつもり)で、私も全国各地を駆け巡っていますが、実際にどのような活動をしているのでしょうか。

Facebookなどで自分の出張の様子を投稿しているので、店舗さんに会うと「いつも出張ばかりで何をやってるの?」と聞かれることがありますので、その一端を少しだけ紹介いたします。

1. 電話やメールじゃなくて、まずは面と向かって直接お話を聞く(現場第一主義!)
2. 地域の課題をひたすらお聞きする(できたら、首長さんから直接がベター)
3. 課題を解決するために、70ある楽天のサービスのなかから〇〇と▲▲を組み合わせて、一緒に課題解決をしていきましょう、と提案する

文章にしてみると、至って当たり前でシンプル。ですが、この地道で泥臭い活動が地域活性化には大事なのだと思います。

最近では有難いことに全国各地の楽天出店店舗さんから、「うちの市長(町長・村長)を紹介するから地域を盛り上げるための話をしてほしい」というお声をいただけるようになりました。そのたびに、鉄砲玉のように飛んでいき、お互いの想いをマシンガンのように意見交換し合う日々なのです。

1/3ページ

最終更新:10/4(火) 9:01

ネットショップ担当者フォーラム