ここから本文です

ノーベル生理学・医学賞を受賞大隅良典氏の会見(全文1)少年時代からの夢

THE PAGE 10/4(火) 13:23配信

 2016年のノーベル賞の生理学・医学賞に東京工業大学栄誉教授の大隅良典氏に授与されることが3日夜、発表された。大隅氏は、生物が細胞の中で行なうたんぱく質のリサイクル「オートファジー」の分子メカニズムについて研究をしてきた。

【中継録画】ノーベル「生理学・医学賞」受賞の東工大・大隅良典氏が会見

 大隅氏は酵母を使ってオートファジーにどんな遺伝子が関わっているのかを特定。生命現象の基礎ともいえるオートファジーの研究が飛躍的に進んだ。パーキンソン病や腫瘍形成などの病気との関連も調べられている。

会見登壇者の紹介

司会:それでは司会者よりご紹介いたします。ただいまからノーベル生理学・医学賞の受賞が決定いたしました、東京工業大学、大隅良典栄誉教授の会見を行います。本日のご登壇者を紹介をさせていただきます。中央に大隅良典栄誉教授。向かって左側に三島良直学長。右側に安藤真理事・副学長(研究担当)でございます。
 初めに学長の三島からごあいさつを述べさせていただきます。

三島:はい。学長の三島でございます。本日は多数お集まりいただき、本当にありがとうございます。私ども、本当にうれしく思いますし、今回の大隅先生の受賞は大学にとっての大きな誇りでございます。先生の研究に臨む姿勢につきましては、何度も伺ったことがございますけれども、本当に基礎研究に真摯に、そして人のやったことないことをやるんだ、そしてそれをしっかりと辞めることなく、しっかりと続けてこういう成果につながったんだろうというふうに思って、本当に私も感動している次第でございます。このような本当の基礎研究。これから人類のために本当に役に立っていくであろう、こういう基礎研究の成果がこういう賞をお取りになられたということで私も本当にうれしく思いますし、あらためて大変名誉に思うというところでございます。本当に先生、おめでとうございました。

司会:大隅栄誉教授の学歴等につきましては、お手元の資料に配布させていただいておりますので割愛をさせていただきます。それでは、ただいまから2016年ノーベル賞、生理学・医学賞の受賞が決定いたしました、大隅良典栄誉教授から受賞のごあいさつをさせていただきます。よろしくお願いいたします。

1/2ページ

最終更新:10/4(火) 13:23

THE PAGE