ここから本文です

遊佐未森、約4年ぶりの新作を語る!

チケットぴあ 10/4(火) 16:45配信

1988年のデビュー以来、透明感あふれるボーカルと繊細でハイクオリティなサウンドで、独自の音楽世界を創り出し続けてきた遊佐未森。10月5日(水)に約4年ぶりとなるニューアルバム『せせらぎ』をリリースする。どんな想いでこのアルバムを作ったのか、話を聞いた。

【そのほかの画像はこちら】

「前作が『淡雪』というアルバムで、あれは東日本大震災のあとに作ったので、私の故郷宮城も被災地としてたいへんな被害が出て、皆さんに少しでも元気になってもらえるようなアルバムにしたいっていう強い想いで作りました。それから5年という時間が過ぎて、少し淡雪が溶けるような感じで、次のステップに行くために、心の“せせらぎ”に耳をすまして、ふと自分の大切な想いや響きみたいなものに耳を傾けることができる、そんな音楽ができたらいいと思いました。せせらぎというと静かな川の流れのイメージですけど、それだけではなくて、ちょっと躍動するような、楽しく日々を過ごしていくための明るい曲もたくさん入れたいなって」

大好きなブリティッシュ・ロックとかケルトとかクラシック音楽など、それをもう一度融合させることによって新しいサウンドを生み出したいと思って製作に臨んだという。「前作から5年間、ライブを通じて出会った人や繋がりが深まった人たちと一緒にアルバムを作ることによって、また新しいサウンドを目指したいという気持ちもあって」。吉野友加(ハープ)と影山敏彦(g)によるユニット、tico moonや、気鋭のピアニスト、大口俊輔らがこのアルバムに参加して彩りを添えている。「1曲目の『風の庭』は、tico moonとライブを演り始めて、私をイメージして曲を作ったので詞を書いて歌ってみないと言われて。『ほほえみとともに粉雪の舞う』も、鈴木重子さんとデュエットでライブを演ったときに笹子重治さんがギターで入ってくれて、“ショーロクラブでこういう曲があるんだけど歌詞を書いて歌ってみませんか”って。すごく自然な流れの中でこのアルバムまで辿り着けた感じです」

仕上げは遊佐が単身スコットランドに渡り、20年来の付き合いとなるプロデューサー&エンジニアのカラム・マルコムと、彼のスタジオで整えたという。「昨年の段階でスコットランドに行くって決めた。きっとこのアルバムは自分にとって新たな世界をみせてくれるという予感があったので、もう一度カラムと会って、2週間くらい毎日、スタジオで作業して。それがすごくいいフィニッシュだった」。長いキャリアで培われた経験と、新たな出会いから生まれた刺激と、うまく融合された唯一無二のサウンドで実に心地好く楽しい気持ちにさせてくれる作品となった。

10月からバンド編成と、tico moonとトリオ編成でのツアーも行われる。安らぎに満ちた遊佐の歌声をぜひとも生で体感してみよう。

取材・文:浅野保志(ぴあ)

最終更新:10/4(火) 16:45

チケットぴあ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]