ここから本文です

リンジー・ローハン、危うく指を失う大けが

cinemacafe.net 10/4(火) 12:45配信

リンジー・ローハン(30)が週末のボート事故で危うく指を失いそうになったという。リンジーはボートをいかりで固定しようと際に指の半分を負傷し、切断された部分を手術で再接着する羽目になったのだそうだ。

【写真】リンジー・ローハン/フォトギャラリー

スナップチャットに投稿されたビデオには「これは自分でボートをいかりで固定しようとした結果。かわいそうな私の指」「いかりで危うく指を失いそうになったわ。っていうか、指の半分は失ったんだけど、幸運にもその指の破片を見つけたから手術でくっつけなければいけなかったの。すごく痛いわ」と説明が付けられている。

そんなリンジーは最近のインタビューで、元婚約者のエゴール・タラバソフ(23)から酸をかけられるのではないかと怯えていたと明かしていた。数々の大ゲンカを経て6月に破局した2人だが、リンジーはエゴールからひどいことをされるのではないかと感じたという驚くべき主張をしている。

ロシアのテレビ局チャンネル・ワンのインタビューでリンジーは「私がベッドに入っていたら彼が私の家に侵入してきたの。そして私の首を絞め始めたわ」「エゴールが私の顔に酸をかけてくるんじゃないかと思った」「それで私はバルコニーに駆け出して出来るだけ大きな声で『彼に殺される、警察を呼んで!』と叫んだのよ。モスクワに来てこのことが話せるなんて私は幸運だわ」と語った。

一方でエゴールはリンジーの話を全て否定しており、広報を通じて次のような声明を出している。

「私の元婚約者リンジー・ローハンが私に対して、ロシアおよび国際的なメディアを通じてまた新たな策略的な中傷をしようとしていることは分かっています」「私とリンジーの関係は2016年6月に終わりを迎えました。その後数週間に渡って、私たちの関係の実情を不適切に描きだし、ゆがんだ事実を世に出し、濡れ衣を着せて私の名誉を傷つけようと何度も試みられています」「私はその有害で虚偽である発言に対し、その都度コメントはしないことにしていました。国際的なビジネスマンとして、目立たずに自分の事業の発展に集中したいからです。それにリンジーへの尊敬心のかたちとして沈黙を保つことにしたのです」。

「しかし本日、リンジーよってこれまでに作り上げられた、そしてこれから作られる私に対する非難のすべては事実ではないと述べておきたいと思います」「私たちの破局の余波として作られた報道合戦に巻き込まれるつもりはありません。リンジーとの以前の関係に関する発言は今後一切出しませんが、私の名前と評判を守るためには可能な全ての法的手段を取るつもりです」。

(C) BANG Media International

最終更新:10/4(火) 12:45

cinemacafe.net