ここから本文です

台湾の大学に「李登輝政府研究センター」 人材育成に期待

中央社フォーカス台湾 10/4(火) 14:06配信

(高雄 4日 中央社)中山大学(高雄市)で3日、李登輝政府研究センターが開設された。曽文恵夫人と記念式典に出席した李登輝元総統は、米ハーバード大学のケネディスクールのように、政策や思想の研究を通じて、公共政策に明るい人材を育成したいと語った。

中山大と李登輝基金会が共同で設置した。台湾で政府の政策や思想を対象にした研究センターが設立されるのは初めて。

青年たちと対話をすることが好きだと話す李元総統。若者の気持ちやビジョンを理解することは国家発展の未来につながると語った。また、今年台湾で3度目の政権交代が実現したことについては、改憲による税収の適切な分配の実施、過度な中央集権の是正、中央と地方の格差解消などに期待を寄せた。

(王淑芬/編集:齊藤啓介)

最終更新:10/4(火) 14:06

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。