ここから本文です

エマ・トンプソンとスタンリー・トゥッチが『The Children Act』で共演

ぴあ映画生活 10/4(火) 12:27配信

エマ・トンプソンとスタンリー・トゥッチが、夫婦役で共演することになった。作品は『つぐない』の原作者イアン・マキューアンが書いた小説の映画化『The Children Act』。

その他の情報

主人公は、ロンドンの女性裁判官。アメリカ人の教授である夫との関係がこじれている時、彼女は、17歳の男の子をめぐる、複雑な裁判を任される。少年を演じるのは、フィオン・ホワイトヘッド。彼はクリストファー・ノーランの次回作『ダンケルク(原題)』にも出演する。監督は、『あるスキャンダルの覚え書き』のリチャード・エアー。撮影は、今月ロンドンでスタートする。

トンプソンの最新作は、現在北米公開中の『ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期』。トゥッチは現在、『トランスフォーマー』最新作を撮影中。

文:猿渡由紀

最終更新:10/4(火) 12:27

ぴあ映画生活