ここから本文です

日本語JPドメイン名を「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」などの学校名で――JPRSが申請受付を開始

Web担当者Forum 10/4(火) 15:06配信

ドメイン名の登録管理とドメインネームシステム(DNS)運用の日本レジストリサービス(JPRS)は、「○○小学校.jp」「○○高校.東京.jp」など、初等中等教育機関の名称(学校名)の日本語JPドメイン名の登録申請受付を10月2日から開始した、と10月3日発表した。同時にサービス概要と登録受付スケジュール、申請方法などの詳細情報も公開した。同時登録申請は10月2日から12月22日まで、通常登録申請は2018年2月1日となっている。同時登録申請では、申請期間中に受理した申請は同時に受け付けたものとみなす。

学校名の日本語JPドメイン名は、日本国内に住所を持つ学校及び学校の設置者(学校法人や自治体など)が登録できる。その他のサービス内容、各種規則は原則として汎用JPドメイン名及び都道府県型JPドメイン名に準じる。同一文字列に対し、複数の申請が競合した場合は抽選で登録者を決定する。同時登録申請は、登録希望者からJPRSへ直接メールで申請を受け付ける。同時登録申請の終了後、申請先着順による通常登録申請を受け付ける。申請先着順による通常の登録申請は、指定事業者を通じて行う。

最終更新:10/4(火) 19:06

Web担当者Forum

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。