ここから本文です

<新垣結衣>「カメラの前に立つとスター」夫役・星野源の絶賛に照れ笑い 

まんたんウェブ 10/4(火) 13:17配信

 女優の新垣結衣さんが4日、東京都内で行われた主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)のプレミア試写会に共演の星野源さんらと出席。今回初共演で夫婦役を務める星野さんから「すごく一緒にいて楽しい。スタジオの前室でたたずんでいる姿が普通の女の子というか、(でも)カメラの前に立つとスターというか……」と絶賛された新垣さんは、「もういいです、長い。ありがとうございます。胸がいっぱい」と照れ笑いを浮かべていた。

【写真特集】星野さん、石田さんらが登場した試写会の様子

 撮影中は、2人でいる時間が多いといい、新垣さんが「楽しく撮影している。ほぼ2人なので、1日わーって一緒に、楽しく」と語ると、星野さんも「9時~12時(24時)、それが3日間続くんです。これは幸せですよ」とにんまり。さらに、「長い撮影なんですが、何のストレスもなく、お芝居に集中できるすごくすてきな制作現場。新垣さんの夫役やらせてもらってよかった」とうれしそうに語った。

 ドラマは、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載中の海野つなみさんの同名マンガが原作。新垣さん演じる“職ナシ”“彼氏ナシ”“居場所ナシ”の主人公・森山みくりが、星野さん演じる恋愛経験のない独身のサラリーマン・津崎平匡と、あることがきっかけで“仕事としての結婚”をすることになる。同じ屋根の下で暮らすうちに徐々にお互いを意識し出して……というラブコメディー。11日から毎週火曜午後10時に放送。初回は15分拡大。

 試写会には、共演の大谷亮平さん、石田ゆり子さんらも登場。“契約結婚”する新妻を演じる新垣さんは、“仕事としての結婚”について、「いいと思う。なぜ結婚するのかとか、一緒にいるのかとかはその2人の自由だと思うので、こういう形も一つありだなと」と結婚観を語った。

最終更新:10/4(火) 13:46

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]