ここから本文です

ETCバー開放の実験…伊勢道・伊勢関ICと東海環状道・関広見IC 10月11日から

レスポンス 10/4(火) 9:30配信

中日本高速道路は、料金所入口ETCレーン発進制御バーを開放する実験を実施すると発表した。

[関連写真]

10月11日から11月11日まで、伊勢自動車・伊勢関インターチェンジ(IC)、10月24日から11月24日まで東海環状自動車道・関広見ICで、それぞれ料金所入口ETCレーンの発信制御バーを開放運用する。

実験期間中は、入口ETC専用レーンの発進制御バーは開放したままとなる。出口レーンは従来通り、発進制御バーが開閉する。

社会資本整備審議会 道路分科会 国土幹線道路部会の中間答申「高速道路を中心とした『道路を賢く使う取り組み』」で、「賢い料金所」の導入を目指すとされた方針に基づいたもの。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:10/4(火) 9:30

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「水中に潜む本当の危機」
インドガリアルとキングコブラはインドの象徴ともいえる爬虫類ですが、水質汚汚濁のために存亡が危ぶまれています。環境保護者のロミュラスウィトカーがこの素晴らしい動物たちの貴重な映像をお見せして、彼らのそして私達の生活を支えている川の保全を訴えます。